PROFILE

木下紗佑里プロフィール

長崎県大村市出身(1988年12月31日生まれ)

実家がスイミングスクールを経営していたこともあり、幼い頃から姉・紗菜栄、妹○○○と共に水泳に慣れ親しみ、プールが遊び場だった。

富の原小学校、桜が原中学校を経て、長崎県立諫早商業高校では競泳選手として練習に励み、日本女子体育大学に進学した。大学では中高体育教諭免許を取得。

卒業後はスイミングスクールにインストラクターとして就職し、在職中の2013年2月にフリーダイビングと出会う。

フリーダイバーの廣瀬花子選手のもと初心者講習を受けた後、記録会に誘われ参加しSTA(スタティック・息止め競技)で当時の日本記録に迫る6分28秒を叩き出し、同年の世界選手権日本代表に選ばれる。世界選手権では最終決勝まで進み7位の記録を残す。

2016年11月には、世界記録樹立(CNF:-72m)を称えられ長崎県民表彰を受賞。

ウォーターメイツスイムクラブ長崎に所属。スポンサーとして狩野ジャパン、㈱FUSION、FAVRE-LEUBAの支援を受ける。

 

公式記録

・スタティック(STA) :6分28秒

・コンスタントウェイト(CWT)  :-96m

・コンスタンントノーフィン(CNF):-72m(世界記録)[潜行時間3分14秒]

・ダイナミックウィズフィン(DWF):-158m